LOH症候群チェックシートでAMSスコアを計る

LOH症候群の治療

ノートとボールペン

LOH症候群の診断は専門医を受診するのが一番良いのですが、まだまだLOH症候群を専門とする病院も少なく、総合病院や大学病院での受診が多くなります。

大きな病院は予約も大変ですし、時間もかかりますので、忙しい方は中々受診することが難しいのではないでしょうか。

そのような方が、手軽に自己診断できるチェックシートがAMS質問票です。

AMS(Aging Male’s Symptoms)質問票は、身体の症状、精神の症状、性機能の症状の計17項目で構成され、LOH症候群の程度を計るチェックシートとして世界中で使用されています。

診断は5段階評価(なし=1点、軽い=2点、中等度=3点、重い=4点、非常に重い=5点)で評価をします。

LOH症候群セルフチェックシート(AMS質問票)

あまり深く考えずに直観的にチェックしてください。

 なし  軽い  中等度  重い  非常に重い
 症状 1 2 3 4 5
  1  総合的に調子が思わしくない
  2  関節や筋肉の痛み
  3  ひどい発汗
  4  睡眠の悩み
  5  よく眠れなくなる、しばしば疲れを感じる
  6  いらいらする
  7  神経質になった
  8  不安感
  9  体の疲労や行動力の減退
 10  筋力の低下
 11  憂うつな気分
 12  「絶頂期は過ぎた」と感じる
 13  力尽きた、どん底にいると感じる
 14  ひげの伸びが遅くなった
 15  性的能力の衰え
 16  早朝勃起(朝立ち)の回数の減少
 17  性欲の低下

総合点の見方

総合点 LOH症候群の可能性
17~26点  可能性は低い
27~36点  軽度
37~49点  中等度
50点以上  重度

AMS質問票はあくまで目安であり、数値が高かったといって必ずしもLOH症候群だとは限りません。LOH症候群の診断は、あくまで専門医が診察や検査結果により総合的に判断するものです。

セルフチェックの結果だけを見て自己判断することはやめておきましょう。

中等度以上の方は一度、泌尿器科でテストステロンの数値の検査をすることをお勧めします。50点以上の重度の方は、早めに男性更年期外来やメンズヘルス外来を受診しましょう。

LOH症候群は何科の病院外来を受診すればいい?

 

LOH症候群克服治療ガイドトップページへ


PAGE TOP