LOH症候群とテストステロンの関係とは?

LOH症候群コラム

LOH症候群(男性更年期障害)の原因は、体内のテストステロンの減少が最大の原因とされていますが、ではテストステロンとはいったいどのようなホルモンで、人の身体にどのような影響を及ぼすのでしょうか?

テストステロンとは?

チキンをほおばるたくましい男性

テストステロンは男性ホルモンの1種ですが、男性ホルモンの中でも95%を占める男性の主張ともいえるホルモンです。

テストステロンは女性を惹きつけるフェロモンのような働きを持っており、テストステロンの多い男性ほど女性に魅力的に映るといわれています。

テストステロンは、男性の闘争心やチャレンジ精神を司るホルモンで、テストステロンの多い男性は、総じてチャレンジ精神が高く精力的なため、たくましく感じる女性が多いのも影響しているのでしょう。

テストステロンはどこで作られるの?

テストステロンは主に睾丸(精巣)で作られます。そのため、勃起や性欲など男性機能に非常に深く関係しているホルモンです。

テストステロンは男性にどのような影響があるの?

テストステロンが男性の成長に対して大きく作用する時期は3つです。

テストステロンは男の子の構造を形成する

受精後、母親のお腹の中に胎児が生まれた時は、まだ女性なのか男性なのかははっきりしていない状態です。

胎児は構造上女性の身体として誕生しますが、この時期にテストステロンの働きによって男性器などの生殖器が作られ、男の子の構造を作っていきます。

テストステロンは脳の成長に大きく関わる

生後2週間くらいから半年くらいまでにかけて、一時期的に男児のテストステロンの濃度が高まるときがあります。この時期のテストステロンが、知能や性格など脳の成長に影響を及ぼすといわれています。

思春期に男らしい身体を成形する

男性は思春期を迎える時期になると、大量のテストステロンを分泌します。

このことにより、太い骨、たくましい筋肉が作られ、男らしい体つきへと変化していきます。また、ひげや体毛が濃くなっていくのもこの時期のテストステロンの影響です。

テストステロンの効果とは?

テストステロンは男性の成長期に大きく影響するホルモンですが、それだけではなく、成人以降も男性の身体にとって、とても大切な役割を持っています。

骨格や筋肉の維持

テストステロンはたくましい骨や筋肉を形成します。そのため、テストステロンが不足すると中高年以降の壮年期に骨粗鬆症にかかりやすくなります。

また、筋肉量が低下するため脂肪がつきやすくなり、肥満体系、いわゆるメタボリックシンドロームの原因ともなります。

性欲・性衝動の促進、勃起持続力の維持

テストステロンは、性欲や男性の性機能を維持する働きを持ちます。

ドーパミンという興奮作用のある神経伝達物質を分泌させ、勃起の際に必要不可欠な一酸化窒素を生成し、勃起能力を維持・促進します。

そのため、テストステロンの分泌能力が低下した男性は、十分な勃起ができなくなりED(勃起不全)となってしまうケースが多くなります。

動脈硬化など生活習慣病を防ぐ

テストステロンは、一酸化窒素(NA)を生成する働きがあります。

一酸化窒素(NA)は血管を広げ、血液の流れを促す働きを持ちますので、心臓や血管を健康に維持し、動脈硬化などに代表される生活習慣病になりにくい身体を保つことができます。

医学調査や研究の結果でも、テストステロン値の高い男性は、生活習慣病になりにくく、総じて寿命も長いことが分かっています。

テストステロンは生きていく上での活力の源です

笑顔の老夫婦と娘

テストステロンは、男性に生きる活力を与えてくれるとても重要な男性ホルモンです。テストステロンが不足すると、イライラや不安に悩まされる時間が多くなり、不眠や体調不良の原因ともなります。

リストラや離婚などが原因で、急に老け込んでしまったり、女々しくなってしまう男性を見かけることもありますが、これはリストラや離婚が直接的な原因なのではなく、リストラや離婚で生じたストレスによりテストステロンの分泌が急速に衰えてしまったことに原因があるのかもしれません。

仕事、プライベートと充実した人生を送るためには、テストステロンの分泌を維持することは非常に重要なことです。

テストステロンは加齢にともないどうしても減少していってしまうホルモンですので、今はLOH症候群(男性更年期)の症状が出ていないという男性でも、日頃からテストステロンの分泌を促す対策をしていくことをおすすめします。

テストステロンを増やす方法に関しては、こちらのページで説明していますので、参考にしてください。

テストステロンを増やす5つの方法

 

LOH症候群克服治療ガイドトップページへ

 


PAGE TOP